ビジネスなら通話録音機能も

ビジネスなら通話録音機能も

ビジネスフォンを導入すれば、通話中にその会話を録音することも可能になります。
どのようなシチュエーションで、通話を録音する必要があるのでしょうか?

最近は、ビジネスでも「言った・言わない」の問題が頻繁に発生していますので、もしも問題が大きくなった際の証拠として、通話を録音しておく必要がある場合があります。

普段からお取引のある方とのビジネスであれば、「言った・言わない」にならないためにも、メールやその他文書できちんと履歴を残すことをオススメしますが、特にコールセンターのお電話など、一般のお客様からかかってくるクレームのお電話はそういうわけにもいきません。

難しいお客様との会話を、「あ、これは録音した方が良いかもしれない」と思ったらその段階でボタンを一つ押せば録音を開始できるようなビジネスフォンもあります。(録音開始までの手続きにもたもたしていたら、会話はどんどん進んでいってしまいますからね。)

このように録音した通話は、そのお客様との問題解決のための証拠ともなりますし、社内クレーム処理の勉強会の材料としても使えます。
電話、それも特にクレーム対応は、あなたのビジネスの窓口ですから、あなたのビジネスをより良く理解し良いものだと思ってもらえるように、万全を期したいものです。

    Copyright(C) 事務所必見!知って損しないビジネスフォンガイド All Rights Reserved.